S__163389445.jpg

人と地方の関係性のヨリシロに

NEWS

私たちについて

人口減少が進む胎内市。

そして、今後数十年間、その人口が増加に転じる未来は想定し難い現状があります。
私たちは、人口が減ることそのものが悪いのではなく、

人がいなくなることによって、これまで培ってきた社会的経済サービスが損なわれたり、

活き活きとした地域住民の暮らしが失われていくことこそが問題であると考えています。
そこで私たちは、人口が減ったとしても、活き活きと暮らす地域住民を相対的に増やすことで、美しいふる里の持続可能性を高めていけるのでは、と考え、胎内市地域おこし協力隊のOB・OGを中心にまちづくり会社特定非営利活動法人ヨリシロを立ち上げました。

私たちのミッション

S__163389445.jpg

​関係性のヨリシロに

人と地方の関係は「住む」「住まない」の2極ではなく、観光、農産物の購入、集落行事に参加、課題解決に参画など多様な関係性があり、私たちはこの「多様な関係性」の創出を目指しています。

「多様な関係性」は「地域住民の郷土愛の醸成」が図られたり「ヨソモノの地方おける挑戦の契機」となると考えています。

チャレンジのヨリシロに

様々な地域課題が山積する胎内市。しかしここには、そうした状況にしなやかに向き合い、いきいきと暮らす人々がいます。
一方で都市部の意欲ある若者にとって胎内市の様な農山村は、魅力的な挑戦のフィールドとなっています。
私達は、課題から価値創出を試みる地域住民とヨソモノのチャレンジの実現のお手伝いをしていきます。